特別講演1

あきらめない心

講師:伊藤真波 さん □ 日本初義手の看護師 北京・ロンドンパラリンピック競泳日本代表

《経歴》

1984年 静岡県出身、5歳から水泳を始める
2000年 静岡県立清水西高等学校衛生看護科 入学
2003年 静岡県医師会看護専門学校 入学
2004年 交通事故に遭い右腕切断。兵庫県立リハビリテーション中央病院にて義手製作に取り掛かる
2007年 神戸百年記念病院 入職
2008年 北京パラリンピック 100m平泳ぎ 4位、100mバタフライ 8位
2010年 アジアパラリンピック  100m平泳ぎ 2位
2012年 ロンドンパラリンピック 100m平泳ぎ 8位
2015年 神戸百年記念病院退職

【講師推薦理由】

実は自分は以前に伊藤真波さんの講演を聴講させていただきました(自分が聴講したときは野村真波さんでした)。自分に置き換えたとき、自分なら伊藤さんのような人生を送れるのか、そう感じると共に伊藤さんの人としての強さと、前向きさ、あきらめない心に感銘を受けました。
第29回の神経リハビリテーション研究会のテーマを耳にしたときに伊藤さんの事を思い出し推薦させていただきました。
伊藤真波さんは交通事故で右腕を失いながらも社会を動かし、看護師となり長年続けてきた水泳でパラリンピックにも出場。あきらめない心で夢を形にしてきた伊藤さんの言葉は我々に大きな影響やモチベーションを与えてくれると思います。また、リハビリテーションに関わる多職種が目指す形がそこにあるとも感じ、今後のリハビリテーションの在り方を改めて考える機会となる講演になると思い推薦させていただきました。

推薦者:第29回神経リハビリテーション研究会 実行委員会:健和会病院 宮島恵樹