学術部が始動いたしました

学術部よりあいさつ

学術部長 山本 ひとみ 健和会病院 リハビリテーション科医師

・皆さんこんにちは。学術部が始動いたしました。

・今回の全日本民医連神経・リハビリテーション研究会長野のテーマは、「地域発信の臨床研究」と「あきらめない心」です。

・民医連綱領はこのように述べています。「私たちは、いのちの平等を掲げ、地域住民の切実な要求に応える医療を実践し、介護と福祉の事業へ活動を広げてきました。患者の立場に立った親切でよい医療をすすめ、生活と労働から疾病をとらえ、いのちや健康にかかわるその時代の社会問題にとりくんできました。」

・リハビリテーション部門は、民医連の理念、魂を実現するべく、最前線でがんばっている集団ではないかと思います。

・大学病院や学会が、細分化され、基礎的研究を中心としているのと対比し、民医連のリハビリテーション(以下リハ)は、臨床現場での気づきから出発しての研究を得意とし、成果の共有・蓄積・発信をしてきました。

・リハは、患者さんまるごとにかかわり、ICFの「参加」までの目標追求をするところに特徴があります。

・現場でのちょっとした気づき、介入の工夫、院所・在宅・施設でのとりくみ、後継者対策などなど、リハに関することならテーマはなんでもありです。

・全国から集まった知恵を共有できる場となれば幸いです。

・医師、栄養士、介護士、看護師、歯科医師、歯科衛生士、事務系、MSW、薬剤師、リハスタッフ(あいうえお順で表記しました)など多職種からの演題登録をお待ちしております。